-ayukawaii-あゆかわいいプロジェクトとは

「つながる」_みんなの夢。

僕は小さい時から引っ込み思案で、ドラえもんやヒーローがいてくれたらなあと思ってました。

でも、漫画やアニメのキャラクターは現実には表れません。

頑張ってるきみを応援したい!関わってくれたきみにはしあわせになってほしい。

『もし、現実にもドラえもんみたいに助けてくれる人がいたら?』

そんな気持ちでAYUKAWA(II)projectをはじめました。

 

AYUKAWA(II)

 

『きみを主人公にします』

鮎川がきみのメンターになり頑張るきみを応援するマンガをかきます。

メンターというのはここではドラえもんやヒーローのことです。

僕も困ったときに現れて助けてくれる彼らが大好きです。

もうダメだと思ったときにフィクションでなく本当に手を差し伸べる、そんな企画です。

 

AYUKAWA(II)projectの由来

あゆかわいい。可愛い(kawaii)は世界で最も通じる日本語です。造語にしてみました。

鮎川がきみの(イイ!)ところを伝えて、元気を与えるという意味を込めています。

かわいいはテレテレしちゃう、なんかちがうなって思うきみもいるはず。

なのでちょっとみえを張って(II)に、括弧をつけてカッコイイにしてみました。

かわいいきみ、かっこいいきみを応援します。

 

AYUKAWA(II)のこだわり

更新頻度は遅くなるでしょう。それには理由があります。

主人公になるきみを知るために良いところ悪いところ、調べ上げます。

また始動理由通り鮎川がほんとうにイイ!とおもったきみを応援します。

きみでなくても、きみがイイ!と思った友達をかわりに主人公にすることもできます。

その方が説得力もあがりますし、みんなでイイ!と共感できます。

 

鮎川からのきみへ

僕はとっても小さな一匹の魚です。僕だけでできることには限りがあるでしょう。

僕も助けます。だから・・・

もし、困っている人がいたらその人のヒーローになってほしい。

その輪が広がればwin-winよりもすごい、win-win-winの関係ができると信じています。